• Graphic
  • Web

HEBEL HAUS

共働き家族研究所30周年プロモーション

旭化成ホームズ「共働き家族研究所」30周年を盛り上げるためのクリエイティブを制作。共働きが当たり前になった時代において、家事協力のしやすさや家族の時間の質をテーマに、カタログやポスター、Web、新聞広告を展開しました。カタログとWebでは、時間のゆとりを生むための住まいの工夫や、暮らしが楽しくなる空間づくりを中心に紹介。ゆとりある暮らしを感じられるデザインに仕上げています。また、新聞広告では、世の中や時代へ「暮らし方」を問いかけるメッセージとともにフェア告知を行いました。

Client: 旭化成ホームズ株式会社
Creative Producer: Chiaki Asai / Kensuke Fujihara
Creative Director: Tatsunori Ichikawa
Art Director: Yoshikazu Tanaka / Yuta nochi
Designer: Mika Sasaki / Momoka Sugino / Mio Matsuyama
Copywriter: Hironori Seto / Namie Ido / Masaaki Suzuki
Web Director: Shintaro Kitayama
Web Designer: Yuta Hirane
Planner:Taro Miyazaki