• Branding
  •   
  • Graphic
  •   
  • Movie
  •   
  • web

HEBEL HAUS

のきのまent

玄関先を深い軒がおおう半屋外空間「のきのま」にすることで、暮らしに新しい便利と快適をもたらす家、「のきのまent」。そのローンチに際して商品カタログ、コンセプトムービー、Webサイトを企画・制作しました。アイデア次第で様々な使い方ができる「のきのま」を、「家族の日々に寄り添い、折々を豊かにしてくれる空間」と捉え、そんな場所を住まいに持つことで広がる暮らしを家族のシーンと想像を膨らませるストーリーで表現しました。写真や映像は自然光を活かした淡く明るいトーンに。ポイントでイラストを用いるなど、デザインを全体を通して「のきのまent」を優しく柔らかい世界観で表現しています。

Client: 旭化成ホームズ株式会社
Creative Producer: Kensuke Fujihara / Chiaki Asai
Creative Director: Tatsunori Ichikawa
Art Director: Yuta Nochi
Copywriter: Masaaki Suzuki
Web Director: Shintaro Kitayama
Planner: Taro Miyazaki